FUJI 2019 展示会2018年07月26日 17:36


今回はFUJIの展示会にいってきました。
FUJIといえばこの今年のニューモデル:JARI2.3こちらを見るのが楽しみでした。JARIシリーズの特徴を引き継ぎフレームがアルミからクロモリに変わったという感じで見た目はそっくり、テーパーヘッド部の処理がキレイでいいですねー。
クロモリでは珍しい内臓ワイヤーでスッキリ、なにげにRのブレーキは外装でしたが反対側なので目立ちません(笑)。
コンポはSORAの9速を採用、おもしろいのがRディレーラーはMTB用を使っているので
フロントをシングルにしてリヤに大きいカセットを入れるのが容易にできて良さそうです。
フロントフォークはクロモリですが前後に待望のスルーアクスル採用で期待できます、しかもタイヤは標準でグラベルキング38c、このままでオフロードもいけます、これで値段は120.000円(税抜き)コスパ高いです。
次はFUJI 定番のfeatherCX+ カラーが変わったのとコンポがクラリス8速になりました。
クロモリ系の上級グレードとしてJARI2.3がでたので差別化をしたとのことです、ただ値段が98.000円(税抜き)と1万円程安くなりこのジャンルのバイクとしては買いやすくなったのでいいのではと、しばらくのったらコンポ10速にしてフロントシングルにする等の改造すればOKですね。
カラーは3色あり、こちらは艶有の黒、もう1色は写真がありませんでしたがガンメタ系のシブい色でGODDです、ここのところ艶なしのマット系が人気でしたがこちらは全色艶有です、そういえば他のメーカーもつや消しが減った気がするので流行りがかわったのかも。
最後にアルミフレームで人気のROUBAIX 1.3 色が派手でいいですねー。
このフレームはチタンが含まれているそうで非常に乗り心地が良く、コンフォート系のカーボンみたいです、山を含めたツーリングにぴったりかと。
値段は105仕様で159.000円(税抜き)となります、このクラスだとブレーキ、クランクが105じゃないパターンが多いですがこちらはブレーキ105、クランクオーバルが入っているのでこのままでバッチリ乗れます。

まだ他にもいろいろありましたが人気のあるバイクをざっと紹介しました、カタログもありますので是非ご覧下さい。 

FUJI クロモリ ディスクバイク発表2018年07月11日 13:53


FUJIからクロモリ仕様のアドベンチャーロード JARI2.3が発表されました。

特徴はJARIで定評のベンドしたシートステー、レイノルズ520のダブルバテッドチューブを採用し、剛性を確保。クロモリの耐久性、振動吸収性を生かしてダート走行のようにラフなシチュエーションで高い性能を発揮する。

テーパーヘッド+ちょっと高めのヘッドチューブによりリラックスしたポジションで乗車可能、フェザー+CXでハンドルが低いなーという人にはピッタリかと見た目もいいですねー、コンポはSORAです。

値段は120.000円(税抜き)となります、8月中旬より販売開始の予定、先行予約キャンペーン(7/23迄)がありますのでご相談下さい。

バイクの詳細は下記ページを参照下さい。

https://cyclist.sanspo.com/408474

最近充実してきたこんなグラベル系バイク、下で紹介しているような面白い道にツーリングに行きましょう、案内しますよー。

お客様から森町の方に面白そうなグラベルロード(じゃり道ですね)があると教えてもらったので早速走りに行ってきました、まずは川沿いの舗装路を進みます。

しばらく走ると程よくしまった走りやすいダートにいわゆるダブルトラックというタイプで幅が広くで車も通れそうな道なので初心者の方でも走りやすいですね。

途中で湧水ポイントが、ずーっと上りで汗だくだったので頭から水をかけたら最高です、ゆっくりクールダウンして出発、後できいたらこの湧水は飲めるそうです、しらなかったのでもったいないことをしました、こんどはボトルに給水しましょう。

舗装路とこんなダートがを織り交ぜながら上っていき10km程で峠に到着、多分ダートは4km位かと、これから夏で熱いですがルートのほとんどが日陰で湧水もあるので、この時期は最適ですね、冬は暗くて寒いかも(笑)。

帰りは100%舗装の下りで途中綺麗な湖によって帰ってきました、まさにグラベルロードの為の道という感じで良かったです。

通勤からロングライド、こんな道やどこでもいけるグラベルロードおすすめです。 



FELT展示会 新105油圧ディスク発見2018年07月06日 16:53


FELTの2019展示会に行ってきました。
今回期待していたのが新105の油圧ディスクがついた完成車がないかと、なんと数台装着車があったので早速チェックを。
まずは油圧STIの履歴を、2年程前にデュラのSTIが発表されました、DI2モデルはバッチリでしたがワイヤーモデルはこの写真のようになんともいえない形状と値段(81200円:現在 税込)で手が出ません。
そして昨年アルテの油圧STIがこちら、形状的には大分良くなったのと値段も59750円(現在 税込)とこなれてはきましたがまだ飛びつくレベルではないかと。
現行の105油圧STIはなんというかバッタ系で性能はいいそうですがビジュアル的にちょっとという感じで新型の105に期待をしていました。
ということで新105油圧STI、いいですねー  だいぶ主観が入っていますので参考程度に見て下さい(笑)、気になる値段は46970円(税込)と微妙なところですが許容範囲かと。
営業さんにお願いして試乗させてもらいました、こちらはVR5というカーボンフレームで新105油圧STI搭載モデルで値段は298000円(税抜き)となります。
期待を込めて乗ってみると、こりゃーいいわ、通常のポジションでの操作感は違和感なし、頭の部分を握るとちょっと大きい感はありますがOKレベル、なんといってもレバーの引きの軽さと制動力が最高です、これで山を下れば気持ちよさそう。

この新105油圧STIいいですよ、ということで次の試乗車にこのコンポを乗せたNEWモデルを発注しました、9月に納車予定なので是非乗って下さい。
こちらは2019モデルのVR30 アルミフレーム 艶有の赤がいいですねー、写真では違いますが新105油圧STIを搭載されます、値段は198000円(税抜き)とコスパ高いこちらがおススメかと。
つぎもVR VR60です、こちらはワイヤーディスクですが値段が108000円(税抜き)となります、初めてのロードバイクにタイヤが太めで通勤から週末のツーリングまでなんでも使えるいいバイクです、この色がいいですねー。

ちょっとFELTの紹介が少なくなりましたが新モデル(情報公開9月~)もあります、カタログで簡単な情報は見せることができますので気軽にご相談下さい、ちなみに次の試乗車はこちらのアドヴェンチャーバイクです。

新105の油圧STIが搭載されたモデル 3種類が9月初から発売開始の予定、先行予約キャンペーンがありますのでご相談下さい。

梅雨入り前にロングライド2018年06月08日 12:55


もうすぐ梅雨で最後のチャンスかなということでロングライドに出かけてきました、こんな時はやっぱり軽くて乗り心地がいいFELTのカーボンバイク F5、特にリヤの指導吸収がいいので坂が多いツーリングにピッタリです。
前回はライトと補給食を忘れてえらい事になったのでしっかりと準備、携帯工具もヘビーなものでチェーンが切れてもOK学習しています。
目的地は決めないで大井川を登って、行けるとこまでという作戦。
とりあえず井川湖をゴールにしてガーミンにルートを張りました、85kmかけっこうあるなーと、さてどこまでいけるか出発。
前回は途中でハンガーノック気味になり大変な目にあったので途中のコンビにでいろいろ追加、時々休憩しながらちょっとずつ食べていきます、これだけあればいいかな。
5%前後の緩い坂を淡々と上り千頭に到着、初めて見たけどトーマスがいました、ここだけ観光地?という感じで賑やかですな。
まだ余裕あるので↑を目指します。

途中から結構な坂にまだパワーがあるのでガシガシ上ります 長嶋ダムに到着、千頭から上はここ20年程車も含めてきたことがなかったですが、このダムを造った関係で大分道が変わっていましたね、トンネルが増えて細い道があまりないので快適になっていい事です。
いい景色ですねーでもなんか疲れましたよ、ふとガーミンを見ると井川湖まで約20km、こりゃー行くしかないと出発。
ここからはさすがに道が狭くなり、斜度も10%越えがちらほらでて疲れた体にきついなーと、ただ今回はしっかり補給食と水分もバッチリとってあるのでけっこう余裕でのぼれます、そしてついに井川湖に到着やったーという感じで久々の感動です、ちょうど80kmでした。。
でこれから白樺壮といういい温泉があるので行こうと場所を調べていたらなんと本日休館日でした残念、だけど初めて自転車で井川湖に来れて満足、満足。

さて後は帰りで下りだけだから余裕と思っていたら、結構上り返しがあり千頭あたりでお疲れモードに、今回は輪行バッグを持ってきていませんでしたがあったら電車に直行でしたね、それでもなんとか無事に帰宅となりました。

たまにしかできないけどやっぱりロングは面白いですね、安全をみて輪行バッグを持ってロングに出かけましょう。


BOMA Cofy2 シルバーコンポ仕様2018年05月17日 15:59


数珠の乗り心地との評判で人気のBOMA Cofy2ですが、以前お客様のオーダーで古いシルバーのカンパがついたバイクからCofy2にフレームの入れ替えを行いました。
最新のカーボンにこれはどうかなと?組み付けて見ると凄くいい感じで ありだなーと、ということで手持ちのパーツを用いて仮組をして再現を。
ブレーキレバーをカンパのシルバーにポリッシュ仕上げでいいですねー。
なにげにフレームとステムの色が赤、白、黒と、知っている人はしっている、汚れた英雄カラーになって(古い)いい感じです。

一番の見どころのブレーキですが、フロント、リヤ共にやはりこちらもカンパのポリッシュタイプを、光り輝いてとても綺麗です、観賞用のクロモリにも負けない雰囲気。
最後にCofy2の特徴の湾曲したトップチューブです、結構複雑な面が絡み合っており、見る角度を変えると光り方が変化してとても綺麗です、自動車ではこんな面の処理が多用されていますがロードバイクでは珍しいのでいろいろ経験したデザインさんが絡んでいるかもしれません、乗って良し、見て良しと大人のバイクにピッタリです。

カタログで見るのとは全然違う形状が見れますので是非ご覧下さい、ちなみにこの用なイメージでパーツを組んだ場合 235.000円(税抜)位~、フレームからの組付けバイクができます、部品変更等なんでもできますのでご相談下さい。


パナソニック ディスクロード 納車2018年04月26日 17:03


パナソニックのクロモリ シクロクロスバイクをお客様に納車しました、とても良いバイクでしたのでご紹介を。
お客様の要望はホリゾンタルのクロモリフレーム、ツーリング中にオフロードがあっても走れる仕様、ディスクブレーキ、Fシングルとまさに自分が理想にしているバイクとほぼ同じでしたので力が入ります、約1か月じっくりと詳細の仕様を決め、フレームのオーダーをだして上がりまで3週間、組付け1週間と約2か月にわたる工程でしたがとても楽しく作業させていただきました。
選んだフレームはディスクのシクロクロスモデル、こちらはフレームがセミオーダーとなるので10mm刻みでサイズを設定、色もたくさんの設定から選べ、更にカラーパターンも指定できるのでまさに自分だけのバイクを作ることができます、ちなみにこちらはパナのレーシングカラーです。
軽量のALEX CXD4ホイルにタイヤはグラベルキングの28cとロードでは軽く走り多少のオフロードも走れるタイヤでバッチリです。
ちまたのうわさではとても良く走るフレームとの評判ですが、ちょっと心配していたのがレース用モデルの為に乗り心地が悪いかなと思っていました。
完成していつもの試走コースを走ってみると、なんだこりゃという感じで硬さのレベルは全然OK、少しの入力でもバネ感のきいた走りが最高です、普通クロモリは坂が苦手ですがけっこうトルクをかけてダンシングしてもスルスルと進んで気持ちいいです。
次にこだわりの装備をレバーはカンパ、ブラケットの握り心地と親指のシフトアップがいいですねー。
FチェーンリングはRIDEAの楕円40T、初めてつけたけどさすが後発いろいろ考えられておりいい感じです、自分もこれにかえるかなと。
Rのカセットは11-36Tと大きめがついているので山も快適に上れそうです、ロードに36Tはビジュアル的にもインパクトがあり改造車っぽくていいですねー。

今回びっくりしたのはホイルとタイヤの設定もあると思いますが本当に良く走り、乗っていて気持ちいいバイクでした、レース系の人にはちょっとかもしれませんが自分の様なツーリングや山が好きな人にはぴったりかと、つぎのバイクはこれだなと妄想している今日この頃です。

春の新商品入荷,他2018年03月28日 17:00

<追記>ひとつお知らせを忘れておりましたので追記を、シマノ製品ですが恒例の値上げが5/1から実施となります、ただ今回アルテとチェーンの値上がり率が特に高いので交換の予定がある方はお早目にどうぞ。
ちなみにアルテ、105のチェーンが約30%UPと驚き。

LOOK 2018 785 HUEZ 入荷、展示しております。
NEWモデルの785 HUEZですが生産が延滞しておりやっと入荷となりました、期待の山岳グランフォンドに最適なクライミングモデルで坂が楽しみです。
仕様はモンドリアンカラーでフル105コンポとなり値段は320.000円(税抜き)となります。
詳細はホームページをご覧ください、メーカーさんのレアなインプレもあります。

ライトウエイの2018モデルでのNEWクロスバイク:SHEPHERDが入荷、展示しております。
フレーム形状がホリゾンタルとなり、フロントのギヤは1枚ですっきりとおしゃれな外観、スタンドやスマートフォンマウントが標準で付属して値段は55.800円(税抜き) とリーズナブルな設定となっております、ハンドルを変えたりRのカゴを付ける等のカスタムが似合いそうです。
大きなサドルバッグで使い勝手がいいこちらのバッグですが、ちょっと大きすぎて普段使いにはもてあますことが多かったかと、1泊2日とかならいいんでしょうが。

で新入荷のこちらのバッグ、輪行バッグともろもろの装備がちょうど入るくらいの大きさでバッチリ、輪行の時は結構どこに輪行バッグをつけるか悩み結局リュックに入れて不便な思いをすることが多いのでいい製品がでました、4750円(税込)となります。
これではちょっと小さくてお土産が入らないなーという方はこちらで、容量UPして脱いだ服等をとめることができるコードがついているので使い勝手がいいです、7450円(税込)となります。
<追記> 6/20
*お客様に購入して頂きました、ありがとうございます。

試乗車のどこでも走れるディスクロードのFELT VR40ですが入れ替えの為、中古車として販売します。
定価158.000円(税抜き)が95.000円(税抜き)となります、とても程度が良くキレイなので是非試乗してディスクロードを試して下さい、他の試乗車も中古販売できるものもありますのでご相談下さい。。
上のバッグをつけてGWに輪行ツーリングにいいですねー。




ディスクロードでカスタム2018年03月15日 18:36


先日営業さんがNAINERの試乗車を用意してくれました。
試乗車とは言っても実は自分用のカスタムバイクでいい感じの改造が随所に行われており興味い深い1台です。
FフォークはNAINERのカーボン製ストローク30mmの品
変速はなんとのバーエンドタイプ

クランク、カセット、RとFディレーラーはMTB用を流用、やるとわかりますが難易度が高い改造がてんこ盛りで見て話を聞いているだけで楽しいですね。


次に自分の改造内容を紹介でFクランクをカーボンにしてチェンリングはローターのシングル40T、カセットを11-40Tの特大を入れてありますよ、タイヤは32cでオフロードもOK、行先をきめずどこでも行けるのがGOOD。

お互いバイクを交換して前の公園のちょっとしたダートとか走りましたが楽しいですねー、やっぱ改造は乗っても語ってもいいですよ。

ただ改造すると部分的に性能やルックスが尖って良くなりますが、その代わりに諦める部分がでてくるのが常、そのバランスをどうとるかが重要かと。

改造が得意ですのでいろいろ要望を伝えて下さい、値段が安いベストプランを提案しますので是非、カンパもいいですねーいろいろできるので気軽にご相談下さい。

久しぶりのラーツー2018年02月09日 15:26


寒い時にやる事ということで久しぶりにラーツー(ツーリングでラーメンを作って食べることだそうです)に行ってきました。
最初は山に行く予定でしたが今日は気温が2度と激寒、さらに温度の低くなる山は厳しいかと温かそうな海に変更。
バイクはどこでも走れる太めの(32c)タイヤをはいたディスクロードで、特大のサドルバッグにラーメングッズを詰め込んで出発。

途中は海辺の砂利道や松林の中のラフロードを楽しみます、こんなところも全然平気で走れて面白いですよ、負荷が高いのですぐに体が温まり汗がでましたよ、道を選ばないこの手のバイクは最高です、今度このバイクにサスをつけてみるかな、山で面白そうです。
海辺で適当な流木を見つけてラーメン作成開始、バックの中にこれだけ入っていましたが、まだ大分余裕があります。

完成!具もなにもない本当のスのラーメン、しいていえば水が近所で湧いている南アルプスからの伏流水をくんで使いましたが、イヤー激ウマですねやっぱりこういう自然の中で作り立てを食べるからいいのかと、これでビールがあれば最高だけどまーいいか。
本当は余ったスープにおにぎりを入れておじやでシメの予定でしたが途中のハードライディング中(笑)にどこかに落としてしまいできませんでした、残念。
いろいろ遊べる新しいジャンルのバイク、店に試乗車が3台あるので是非体験してください、ロード乗りMTB乗りの方それぞれに新鮮な驚きがあると思います、これからいろいろルートを開拓しようと考えていますので興味のある方はご相談下さい、走りに行きましょう。


久しぶりのMTB2018年01月19日 16:18


なぜか急にMTBに乗りたくなり十数年前によく富士見パノラマのゲレンデDH(Cコースですが)で使っていたMTBを整備しました、いろいろガタはありましたが、さすが丈夫なMTB、ブレーキのエア抜きや変速機のOHでなんとか乗れる状態に。
MTBなんでやっぱり山ということでこちらもやはり昔よく通った山へ、さすがにMTBで自走はつらいので車で移動、新しいハイエースですが前輪がついて2台で全然余裕(笑)、5台は積めそうなんで今度試してみます。
途中までは車で山の上までは自走、タイヤも細めでハンドルも狭くカットしたクロカン仕様なので上りはマー楽だろうと思っていましたが、ロードに慣れ切った体にはダメダメでした。
Rサスがペダルを踏むたびにピョコピョコ動き特にダンシングすると大きく上下して前に進んでいる感じがしません、ポジションはそんなに悪くないけど上りは厳しいですね、わかってはいたけどやっぱりMTBの上りは辛い一言でした。

MTBの醍醐味はやはり下り、ここ数年で何回かGTのグラベルロードでこちらにきていましたがその時はなんとか走ることができるというレベルでMTBの上りと同じでいまいちつまらない感じでしたね。
さすがクロカン仕様だけどMTB 下りは最高ですね、木の根っこも結構な段差もサスでショックをひろいスムーズに走れます、あんまり面白くでけっこうラフな走行をしたら3回程転びました前転はなかったけど。
ということでわかったことはMTBは上り:辛い 下り:面白い、グラベルロード 上り:面白い 下り(ダート):辛い と適正がほぼ逆ですね この中間があれば面白いけどないですねー。
面白いジャンルと思いますのでMTBにドロップを付けるとか、グラベルロードに5cm程度のショートストロークのFサスをつけるとか、今年の目標でこんなバイクを改造して造ってみようと思う今日この頃です、ちょうど今度サンツアーの人と会う機会があるので5cmの軽いFサスができないか聞いてみます、このバイクともう1台MTBの試乗車がありますので是非乗って見て下さい。