ポラールのナビ付きサイコン2016年07月23日 15:43

ナビ付きのサイクルコンピューターといえばガーミンが定番ですが値段がけっこうお高く6万円オーバーです、そこで値段が安め(それでも3万円位)のアトラスのサイコンがそこそこ出ていたんですが、どうも自転車のサイコンから撤退するんじゃないかという感じで現行モデルがどんど廃止されている現状です。
そんな時に”手軽に入れるナビ付きのサイコンがないねー”と営業さんと話しをしていたら”あるよ”との事で教えてもらったのがこちら。
ポラールのV650という機種です、値段は32500円(税込)とアトラスよりちょっと高いですが後々心拍計、ケイデンス等も付けられるので発展性がありGOODです。
画面のスピード等の項目は自由に変更OK。

詳細の表示もできナビ画面でスピードや距離等の表示もできます。
画面の大きさも大きくて見やすいかと、ヨコは比較でガーミンの定番エッジ520Jです。
最近バージョンアップした機能でルートラボのデータを簡単に張り付けられるようになりました、上の赤い線が張り付けたルートですがツーリングに行くとき等こちらを頼りに走れば迷うことがなくいいですねー、これができるようになったのが1番のおススメポイントかと。

機能とか使い勝手を考えるとやっぱりガーミンですが、ケータイからの卒業とかいろいろのデータを見たい方にとっては良い選択かと、地図のダウンロードとか設定が多少難しいですがいろいろアドバイスできますので、ルートラボで書いたおススメサイクリングコース等のデータ挿入等もできますのでご相談下さい。

カーボンバイク 試乗車2016年07月08日 17:21

ロードバイクの試乗車の入れ替えでBHのカーボンフレームを使い新しく組んでみました、早速のってみましたが加速が良くて軽く走ります、乗り心地もこの系統のバイクにしてはとてもいいのでロングツーリングにも使えそうです。
フレームはBHのクオーツというカーボンフレーム、BBが最近主流となり始めたBB386EVO名前も凄いがBB形状も幅も広くボリュームがありますよ、これでパーツをいろいろ気になっていたものを取り寄せ組んでます。
コンポは新発売のカンパ:ポテンツァ、基本はこちらでくんであります、変速性能からいくとシマノの現行品にはかなわないかと、特にデュラのボタンのようなクリック感覚には脱帽です、しかし実際乗ってみるとブラケットの形状や親指(小指でもOK)でのシフトアップ等やっぱカンパはいいなーと。
クランクはローター+Qリングスの楕円ギヤ、以前インナーだけQリングスに変えて具合が良かったのでクランクごといってみました、イヤーかっこいいですねー肝心のアウターですが全然わかりません、インナーはバッチリだったので様子をみます(笑)、まーケイデンスも低いしスピードもあまりださないんでメリットあまりないかも。
ステム、ハンドル、シートポストをfizikで揃えてみました、fizikはおしゃれな感じで良かったんですがいかんせん値段も良かったです、ですが今回形状は同じで材料、表面処理等を変更した廉価バージョンが発売されたので試しにいってみました、ハンドルは最近コンパクトしかなかったですが体の柔軟性によってレベルを3つにわけたシリーズがあったので真ん中のカメレオンにしてみましたがなかなかOKです。

ローラー台に乗せてあり簡単にカンパの確認等 試乗ができますので乗ってみてください。


GIANT 2017クロスバイク2016年06月25日 11:15

早くもGIANTの2017モデル ESCAPE R3が発売されました。
2016モデルとの違いはタイヤとグリップが変わり、グリーンの新色が追加となります、2016にてフルモデルチェンジしていますから変更は少ないです、ただこのところ毎年価格が上がっていましたが今年は値下がりで50.000円(税抜き)となりました、これなら手軽で初めてクロスバイクに乗る方にピッタリかと。
詳細は下記参照願います。
<7/7追記>2017モデルいろいろ追完になりました下記参照下さい。
これから夏にかけてツーリングに行くのにちょうどいい季節です、ということでクロスバイクのツーリング仕様を展示しています、大きなバッグをつけていけば着替えから帰りのお土産まで入りますので楽しみが増えます、こんなバイクで行ける所まで走って最後に温泉に入り、帰りは輪行でビールとか最高ですねー、輪行バッグも余裕で入りますよ。

軽量ホイル入荷2016年06月10日 16:02

しばらく欠品が続いていた軽量ホイルのライトニング ALPINEが入荷しました。
こちらの特徴は前後で1330g(F:580g・R:750g)と軽量なのに値段が59.000円(税込)とコスパ最高、又上級のシールドベアリングを使っており回転が滑らかで、下りではなにもこがなくてもドンドン加速していく感じです。

自分も3年程使っていましたが出だしと坂が非常に楽でした、まー安くて軽いのには理由がありまして・80kg以上の方は使用不可・構造の簡素化によりシール性が弱い・ 通常のL字スポークの為よくいうかかりが悪い等です。
ということで70kg位の体重で雨天走行はなるべくしない、レースに使わない等の条件で使えばノーマルとは別次元の走りが手に入ります。   

このホイルには限定モデルでシルバーもあります、上の写真は黒のFハブですが非常に細いクラッシクな感じでシルバーになるとなお更でGOODです。
最近クロモリに合うシルバー系のホイルが少ないですが、こちらのシルバーはリム、スポーク、ニップル、ハブと全てシルバーになる為クロモリにバッチリ、先日GIOSのクロモリにこのホイルを付けて頂きましたが走りも含めいい感じに仕上がりました。

こちらも若干在庫あるそうです、ホイルをお買い上げ頂いた場合、交換の工賃(タイヤ、ギヤ交換、ブレーキ調整等)はサービスとなりますのでご検討下さい。


別件ですが日本のカーボンバイクメーカーのBOMAさんに6月12日(日)14:00~15:00頃 試乗会をして頂けます、上の写真のバイクを含め8台程のバイクに試乗できますのでこの機会に是非カーボンバイクを体験して下さい、自分の一押しはアルマーα以前試乗しましたがクロモリの様なバネ感が強く最高でした。

久しぶりのロングライド2016年06月03日 18:47

最近は近くの山へ走りに行くことが多く50km以上自転車に乗ることがほとんどありません、お客さんと話しをしているとみなさんロードバイクに慣れてきて100km越えのライドをしている方がけっこう多いです。
これは自分的によろしくないなーということで100kmのロングライドにでかけてきました、先週の話ですが。

行先は大井川を上り笹間川をから蔵田に抜ける山のコースです、やっぱり久しぶりだと準備の失敗がおおいですね、最大の失敗はライトを忘れたのでトンネルを歩いていったのですが結構暗くて長いし疲れましたよ、ライトは必ず持っていきましょう。
とりあえず川根温泉の道の駅で休憩、足湯もありいいですねー、売店で柏餅を買って食べながらいい感じです。
そのあとは笹間川沿いを上っていきます、川の水がキレイで車もあまり通らないので気持ちよく進みます、まさに山岳サイクリングといいう感じかと。
途中から結構坂がきつくなりしんどくなってきたけどイマイチパワーがでません、そういえば昼飯も食べず今日は柏餅しか食べてなかったからか、こんな山の中ではコンビニもないしヤバイナーと今日2回目の失敗です、ただバッグの中を探してみたら賞味期限切れのカロリーバーがありラッキー。
なんとか最後の峠を越えてあとは下りだけと思ったら又坂が出現2回ほどこんなことがあってやっと本当の下りにこれで安心です。
しばらくして蔵田に到着ここまでくれば慣れた道で余裕、あとは家までさっくっと到着、トータル100kmちょっとの久しぶりのロングライドでしたが疲れましたよおもしろかったけど、まー無事に帰ってきて良かった良かった。

今回の教訓:ライトと補給食は必ず持ちましょう!


秘密兵器2016年05月13日 17:09

秘密兵器を投入したのでいつもの山に。
何が変わったのか全くわかりません(笑)。
実は前から気にはなっていたローターの楕円ギヤのQリングスなんですが、自分はツーリング系で、ケイデンスも低いしスピードも出さないので関係ないと思っていました。

ところがちょっと前に粟ケ岳を2200回以上昇っている、レジェント オブ 粟ケ岳のある方から”Qリングスは昇りにいいよー”と聞いたものですから、坂好きの自分としてはこれはいってみないと ということで。


まずは取り付け、上がノーマル、下がQリングス、よーく見ないとわかりませんが楕円形状になってます。
まずは様子見ということでインナーギヤのみを交換。

車体に取り付けると全然わかりません、ビジュアル的にはなんですが、秘密兵器としてひそかにつけるにはありかと。

で実走してみての感想は、平坦路だとなんかちょっと変わった感じはするけどよくわからないです、本番の坂ですがいいです、緩い坂でも○、10%を超えた坂になると更に体感できます、普通急坂になるとペダルが1番上の時がうまく回らずギッタンバッタんという回りかたになりがちですが、この1番上の時がスーッと回りスムーズにぺだリングできるので凄く楽な感じです、実際心拍も普段より低めの気がしました。
ただダンシングした時になんか違和感があり、ちょっと後ろ乗りにすると良かったのでQリングスの特徴であるギヤの位置の変更を行うとバッチリいい感じ、けっこうフィーリングが変わるのでこれはいいわと。

何回か乗りましたがやっぱ坂が楽になります、これならツーリングにいっても疲れがだいぶ違うかと、こんなにいいのに何であまり付けている人がいないんだろーと、ふと考えてみると値段が厳しいかも、ローターのクランクとギヤをセットで購入となると7万円近く値段がします、これではちょっと試したいはできないなー。

そこで今回やったお試しのインナーのみ交換なら1万円でできるのでいいかも、合う合わないはありますがある程度の調整もできるので許容範囲は広そうです、今なら確か限定の赤いギヤもあるのでおしゃれな感じにもバッチリ。

ツーリング仕様2016年04月22日 17:47

天候も良くなってきておりGWも近いということでバイクをツーリング仕様にしてみました、といってもサドルバッグをつけただけですが。
お気に入りのどこでもいけるGTのグレードに1泊ツーリングにもつかえる容量9lの特大サドルバッグを着けてみました、荷物をたくさんつめて輪行バッグをいれておけば、どこまでも行ける感じがします、まさに現代のランドナーかと。

巻き込み式のバッグなので出し入れが多少やりずらい、ですのでフレームバッグ等を併用して携帯やお金等のよく使うものはこちらにいれるのがGOOD。
バッグの上には収縮式のコードがついているので脱いだ服等を固定するのに便利です。
最近人気のこの手のバッグですがいかんせん値段が高めの物がおおいです、こちらはコスパ最高のGIANT製で6400円(税込)といいんでは。
帰りにコンビニでお酒とおつまみをいろいろ買ったけど、バッグを延長すれば楽々入ったのでツーリング帰りにお土産を持って帰るのにも重宝すること請け合い。
GWはこんなバイクでツーリングがいいですね、おススメはフェリ―を使って伊豆ですね、がんばって土肥まで自走で帰りをフェリーとか、両方フェリーもありです。

MULLER 新フレーム他2016年04月08日 17:13

金属フレームのMULLERからMLcittaが進化してMLcittaⅡとなり発売されます。

従来品からラグとロゴがメッキとなりイタリアンレッドで登場、又乗り心地が滑らかに変身するそうです、前回試乗車でお借りしたML725はクラッシクな外観ながら上りを含めた走りが非常に良かったモデルでしたが、こちらは路線がちょっと変わり観賞用+ツーリング向きかと、カンパで組めばビンテージ風で○。
上の写真でわかりますがラグの形状が凝っておりイタリアン クラッシクも真っ青という感じです、5月末に登場予定ですが生産台数が少ないそうなのでお早めにご予約をとのことでした。



5/13 <追記> 下記キャンペーンですが終了しました。

別件ですがFUJIからキャンペーンのお知らせです。
上のルーベ1.3が<2万円>、ルーベ1.5と下のTREAD 1.3が<1.5万円>のキャッシュバックとなります、この機会に是非。
個人的にはルーベ1.5が8.5kgと軽く、カーボンの用に乗り心地が良く、コンポは新型のティアグラでバッチリなのでおススメです、数に限りがありますのでご相談下さい。


カンパ2016年04月01日 17:17

最近続けてカンパの完成車をいじったり、カンパレバーへの変更をしたりで久しぶりにカンパのレバーで試し乗りをしましたが、やっぱいいですねー。
最近シマノが良くなってカンパの出番が減った感はあるんですが、乗った時の感覚がすこぶるよろしい、性能的にはシマノがいいんだろうけど感覚の世界ですね。
ということで見るだけではわからないのでカンパレバーの試乗車つくりました。
アテナのシルバーでクロモリに似合いそうです、こちらはアルミですが。
簡単にローラー台で試乗できますのでご気軽に乗ってみて下さい。

他にもカーボンや黒いタイプ等いろいろなパターンがあります、一番お値段の高いスパーレコードという機種はコンポだけで約43万円程で高嶺の花ですが。
ヴェローチェというグレードでレバーだけ交換するのであれば25.000円位からできます、ただいろいろと条件とか制約がありますが(笑)、でもこの値段で昔はとても手がでなかったカンパの雰囲気に触れるのであればありかと、カンパに興味あるかたはご相談下さい。
まー上記仕様はイレギュラーで本当はフルカンパがいいと思うのですがいかんせん高額なのでこんなことをいろいろやってます。

MULLER 試乗できます2016年03月04日 17:42

洗練されたシルエットのバイクを生み出す金属フレーム専業ブランドのMULLERから、外観はクラッシクながら走りは現代的なクロモリロードバイク--ML725--の試乗車をメーカさんの御好意により1週間程お借りします。
予定は3/10(木)~3/14(月)です、なかなかMULLERを見たり乗ることはないと思いますのでこの機会に是非。
色はこちらのきれいな赤、展示会で見て完全なクラッシクロセンと思っておりましたが、その後発売された”クロモリロードバイクの本”というインプレ雑誌では、走りが非常によく坂も気持ちよく進むとのことですので期待大かと、山に持ち込んで走りを確認してみますよ。

このバイクの特徴がキレイなメッキラグとリヤのモノステー、いわゆる艶っぽいという表現がよく合ういいフレームです。
見た目も走りもGOODですが、ちょっと値段が209.000円(税抜き)と高めなのが厳しいかと、ただこれだけ手の込んだ仕上げを考えれば逆に安いとも思えるし悩めるところです。