秘密兵器2016年05月13日 17:09

秘密兵器を投入したのでいつもの山に。
何が変わったのか全くわかりません(笑)。
実は前から気にはなっていたローターの楕円ギヤのQリングスなんですが、自分はツーリング系で、ケイデンスも低いしスピードも出さないので関係ないと思っていました。

ところがちょっと前に粟ケ岳を2200回以上昇っている、レジェント オブ 粟ケ岳のある方から”Qリングスは昇りにいいよー”と聞いたものですから、坂好きの自分としてはこれはいってみないと ということで。


まずは取り付け、上がノーマル、下がQリングス、よーく見ないとわかりませんが楕円形状になってます。
まずは様子見ということでインナーギヤのみを交換。

車体に取り付けると全然わかりません、ビジュアル的にはなんですが、秘密兵器としてひそかにつけるにはありかと。

で実走してみての感想は、平坦路だとなんかちょっと変わった感じはするけどよくわからないです、本番の坂ですがいいです、緩い坂でも○、10%を超えた坂になると更に体感できます、普通急坂になるとペダルが1番上の時がうまく回らずギッタンバッタんという回りかたになりがちですが、この1番上の時がスーッと回りスムーズにぺだリングできるので凄く楽な感じです、実際心拍も普段より低めの気がしました。
ただダンシングした時になんか違和感があり、ちょっと後ろ乗りにすると良かったのでQリングスの特徴であるギヤの位置の変更を行うとバッチリいい感じ、けっこうフィーリングが変わるのでこれはいいわと。

何回か乗りましたがやっぱ坂が楽になります、これならツーリングにいっても疲れがだいぶ違うかと、こんなにいいのに何であまり付けている人がいないんだろーと、ふと考えてみると値段が厳しいかも、ローターのクランクとギヤをセットで購入となると7万円近く値段がします、これではちょっと試したいはできないなー。

そこで今回やったお試しのインナーのみ交換なら1万円でできるのでいいかも、合う合わないはありますがある程度の調整もできるので許容範囲は広そうです、今なら確か限定の赤いギヤもあるのでおしゃれな感じにもバッチリ。

ツーリング仕様2016年04月22日 17:47

天候も良くなってきておりGWも近いということでバイクをツーリング仕様にしてみました、といってもサドルバッグをつけただけですが。
お気に入りのどこでもいけるGTのグレードに1泊ツーリングにもつかえる容量9lの特大サドルバッグを着けてみました、荷物をたくさんつめて輪行バッグをいれておけば、どこまでも行ける感じがします、まさに現代のランドナーかと。

巻き込み式のバッグなので出し入れが多少やりずらい、ですのでフレームバッグ等を併用して携帯やお金等のよく使うものはこちらにいれるのがGOOD。
バッグの上には収縮式のコードがついているので脱いだ服等を固定するのに便利です。
最近人気のこの手のバッグですがいかんせん値段が高めの物がおおいです、こちらはコスパ最高のGIANT製で6400円(税込)といいんでは。
帰りにコンビニでお酒とおつまみをいろいろ買ったけど、バッグを延長すれば楽々入ったのでツーリング帰りにお土産を持って帰るのにも重宝すること請け合い。
GWはこんなバイクでツーリングがいいですね、おススメはフェリ―を使って伊豆ですね、がんばって土肥まで自走で帰りをフェリーとか、両方フェリーもありです。

MULLER 新フレーム他2016年04月08日 17:13

金属フレームのMULLERからMLcittaが進化してMLcittaⅡとなり発売されます。

従来品からラグとロゴがメッキとなりイタリアンレッドで登場、又乗り心地が滑らかに変身するそうです、前回試乗車でお借りしたML725はクラッシクな外観ながら上りを含めた走りが非常に良かったモデルでしたが、こちらは路線がちょっと変わり観賞用+ツーリング向きかと、カンパで組めばビンテージ風で○。
上の写真でわかりますがラグの形状が凝っておりイタリアン クラッシクも真っ青という感じです、5月末に登場予定ですが生産台数が少ないそうなのでお早めにご予約をとのことでした。



5/13 <追記> 下記キャンペーンですが終了しました。

別件ですがFUJIからキャンペーンのお知らせです。
上のルーベ1.3が<2万円>、ルーベ1.5と下のTREAD 1.3が<1.5万円>のキャッシュバックとなります、この機会に是非。
個人的にはルーベ1.5が8.5kgと軽く、カーボンの用に乗り心地が良く、コンポは新型のティアグラでバッチリなのでおススメです、数に限りがありますのでご相談下さい。


カンパ2016年04月01日 17:17

最近続けてカンパの完成車をいじったり、カンパレバーへの変更をしたりで久しぶりにカンパのレバーで試し乗りをしましたが、やっぱいいですねー。
最近シマノが良くなってカンパの出番が減った感はあるんですが、乗った時の感覚がすこぶるよろしい、性能的にはシマノがいいんだろうけど感覚の世界ですね。
ということで見るだけではわからないのでカンパレバーの試乗車つくりました。
アテナのシルバーでクロモリに似合いそうです、こちらはアルミですが。
簡単にローラー台で試乗できますのでご気軽に乗ってみて下さい。

他にもカーボンや黒いタイプ等いろいろなパターンがあります、一番お値段の高いスパーレコードという機種はコンポだけで約43万円程で高嶺の花ですが。
ヴェローチェというグレードでレバーだけ交換するのであれば25.000円位からできます、ただいろいろと条件とか制約がありますが(笑)、でもこの値段で昔はとても手がでなかったカンパの雰囲気に触れるのであればありかと、カンパに興味あるかたはご相談下さい。
まー上記仕様はイレギュラーで本当はフルカンパがいいと思うのですがいかんせん高額なのでこんなことをいろいろやってます。

MULLER 試乗できます2016年03月04日 17:42

洗練されたシルエットのバイクを生み出す金属フレーム専業ブランドのMULLERから、外観はクラッシクながら走りは現代的なクロモリロードバイク--ML725--の試乗車をメーカさんの御好意により1週間程お借りします。
予定は3/10(木)~3/14(月)です、なかなかMULLERを見たり乗ることはないと思いますのでこの機会に是非。
色はこちらのきれいな赤、展示会で見て完全なクラッシクロセンと思っておりましたが、その後発売された”クロモリロードバイクの本”というインプレ雑誌では、走りが非常によく坂も気持ちよく進むとのことですので期待大かと、山に持ち込んで走りを確認してみますよ。

このバイクの特徴がキレイなメッキラグとリヤのモノステー、いわゆる艶っぽいという表現がよく合ういいフレームです。
見た目も走りもGOODですが、ちょっと値段が209.000円(税抜き)と高めなのが厳しいかと、ただこれだけ手の込んだ仕上げを考えれば逆に安いとも思えるし悩めるところです。



NEW 試乗車2016年02月19日 17:53

新しい試乗車のGT グレード値段は108000円(税抜き)と初めてのロードバイクorセカンドバイクに最適かと。
タイヤが35cまではけるので通勤や普段は32cの太めのタイヤで、友達と走るとかツーリングにい行くときは25cの細めのタイヤにはめ変えてスピードもだせるのでGOOD。


まずはシェークダウンで近くの山に行ってきました、とりあえず、まだノーマルですがタイヤを標準の28cからオフロード対応の32cに変更、ちょっと重いですが乗り心地がよくていいですねー。
山の裏道を走るとジャリや落ち枝が多いですが、このタイヤなら安心していけます。
下りもフレームのクッションがよく、ディスクでブレーキも効くし、まさにファントウドライヴという感じ、下りが楽しいバイクです、まー上りは普通。



今度は海岸に行って砂利道やダートをいろいろと、どこでも走れていいですよ、これに特大のサドルバッグをつければ荷物もたくさんつめてどこでも行けるのでまさに現代のランドナーという感じかと。
これからレバーをカンパに変えたりブレーキをセミ油圧にしたりいろいろ改造する予定なので試しに乗って下さい。

シクロバイクでツーリング2016年02月05日 16:35

タイヤが太くて安定しているシクロバイクでツーリングというかゆっくりポタリングですね20km前後のスピードが気持ちいいバイクです。
朝は寒かったですが10時位に出発すると風がないので快適です、しばらく走ると暖かくなってきてウインドブレーカーはいりません、山を目指しましたがビンディンなしのこのバイクじゃつらいなと、川原のダートを走ったりふらふらと遊びながら今度は海辺に到着。
海岸も風がなく快適に走れます、浜の砂利道や防風林の松林の中のダートを走りましたが面白いですよ、さすがにロードだと無理なのでやっぱりどこでも走れるこの手のバイクはいいですねー。

ただ今までよく乗っていた試乗車のGTグレードというディスクロードがうれしいことに売れまして今はありません、やはり一度ディスクで乗り心地がいいバイクに乗ってしまいますと、今回のバイクは旧式のブレーキで全然きかないのでダートの下りとかイマイチ楽しくありません。
ということで再度GTのグレードを試乗車にしようと思います、多分来週には入荷する予定なので試しに乗って下さい。

こちらは最近ツーリング等に人気があるサドルバッグの特大品ですが結構いいお値段で2万円前後程します、しかしGIANTの用品から写真のバッグが6400円(税込)とリーズナブルに発売されましたが人気がありしばらく欠品でした、今回入荷したのでどんなもんかと実走。

さすがに上級モデルに比べるといろいろなバッグを安定させるパーツがついていないのでけっこうグラグラしますが、軽い荷物だけなら十分使えますよ、激しいダンシングをするとダメダメですが(笑)、シクロ系バイクでこんなバッグをつけてツーリングがいいですねー、着替えやお土産もたっぷり入ります。


new ティアグラ2016年01月07日 18:01

ここのところnewティアグラコンポの完成車組み付けや、newティアグラへのコンポ組み換えを続けてやる機会がありました。
感想は”悪くない”というか いいですねー。


上位コンポのアルテグラ、105の基本構造を踏襲しており、前作の4600ティアグラとは全く別物になっています、あのシフトワイヤーのでっぱりもないし。

10速はかわらずでしたがカセットが12-28Tといい感じの設定もあり問題ないかと、自分のような山登りやツーリング系の人は十分だと思います。
変速も上位並みに軽くなっていますがやはりF、R共に気持ち重いかなと、比較しなければ全然気になるレベルではないですが。

凄くよくなったティアグラですがブレーキはちょっとNGでしたね、ここはすっきり105に変えてしまって軽い引きと十分な制動力を楽しみましょう。

2016モデルで採用している完成車も多いんですが105との差別化というところで値段の差が2~3万円程あります、コンポの差額よりだいぶ多いのでこれはお得ですね、特にアルミモデルに多く採用されているのでちょっとがんばってnewティアグラをゲットが今年はいい選択かと。

別件ですが個人的にとてもいい発見がありました、newティアグラのRディレーラーとカンパのエルゴがパチパチといい感じでシンクロしました、まだ n=1なので個体差もありどうかわからないですが、新しいパターンができそうなのでもう少しがんばってみます、ただいろいろ懸案事項があり難しいかなと(笑)。


カスタムバイク フェア2015年12月18日 16:51

店にあるバイクをカスタムして、少しお得にしましたので紹介します。


FUJIのクロスバイク:ROUBAIX AURA ストレートハンドルを肩下がりのブルホンバーに変更、もともとがロードバイクにフラットバーをつけた感じのバイクでしたので、これでピストっぽくなりました、ドロップハンドルはいやだけど早いバイクがいいとうい方に最適かと。
値段は89.000円(税抜き)となります。

こちらはカスタムではないですがカスタムのベースということで紹介します。
FUJIの超軽量フレーム SL1.1 フレーム重量:695gと超軽量 これで値段は260.000円(税抜き)と同重量のフレームに比べるとだいぶお安い設定です。
ヒルクラや軽量好きの人に最適、ちょっとがんばれば5kg代のバイクlが完成!

ライトウエイのクロスバイク:IRON もともとクラシック系のパーツがついていますが、ハンドルをNITTOのセミアップハンドルに変更、オシャレでパリジェンヌが乗ってそうな雰囲気がいいです。
値段は59.000円(税抜き)となります。

パーツの変更等もできますのでご相談下さい。

ミシュランからオシャレなクロスバイク2015年12月11日 14:36

サイクルモードで発表され非常に注目が高かった、ミシュランからのオシャレなクロスバイク?がついに発売開始となります。
細身のスチールチューブで各パーツもクラシカルな雰囲気を醸し出す構成となり、実物も見ましたがいい感じに仕上がっております。
値段は52.000円(税抜き)とリーズナブルな設定、営業さんに本当にこの値段ですか?と聞いたところいわゆる戦略車ということで普通ではできないみたいです、ユーザー的にはうれしいかぎりかと。
全体的にキレイでオシャレな仕上がりですが、ホイルのスポークにもこんなワンポイントが、フランスのトリコロールカラーで塗られています、前後共。
サイクルモードではハンドルを逆さまにとりつけた展示車もありましたが、個人的にはこちらの方がいい感じでした、こんな自転車でゆっくりポタリングや買い物にいいのでは、メーカーのコンセプトも「20kmで最高の快適性」とうたっておりますので。
カラーは他に赤系と白の3色、サイズは480mm、520mmがあります、他にもデローザからも同様のクラシカルバイクがあります、ご相談下さい。