NEW試乗車 FELTカーボンロード2017年02月17日 17:46


新しい試乗車のFELT FR5 2017モデルでフルモデルチェンジとなった最新のカーボンバイクです、前作のFシリーズも2モデル乗りましたが坂の上りと下りが最高でした、ただリヤの突き上げがちょっときつくツーリング系の自分にはヘビーという印象が。


特徴としてはRブレーキをBB下に移動することによりシートステー形状を衝撃吸収をよくする方向に大幅に変更、BBは最近採用されることが多いBB386 イヤーBB部のボリュームが凄いですね、BB規格が乱立する今日この頃ですがフレーム形状を横方向に目一杯ひろげることができ横方向の荷重を受けることができるので一番理屈にあってると思いますがどうでしょうか。
完全ノーマル状態ですが完成しましたので早速いつもの山にシェークダウン。
山へ行くまでに平坦の道を走りましたが、今回の変更ポイントの衝撃吸収性が驚くほどわかりました、歩道の段差とか特に道が荒れているところではバネがついているかのような感じで、こりゃーロングとかツーリングにバッチリという感じです、ただこれだけ乗り心地がいいと坂がどうかなと少し心配に。
全然問題ないですね、こんな激坂を含めて坂のフルコースに行きましたがバッチリです遅いけど、ダンシングも軽くフレて気持ち良く坂を上ります、あの極太のBBのおかげかと乗り心地も良くてヒルクライムもOKなので乗るのが楽しみになりますね。

最後にダウンヒルですがブレーキが105ではなくて社外品のダメダメがついていたので制動力が弱くイマイチでした、ブレーキだけは取り合ず変えないと速攻で変えて早々に試してみます。

こちらのFR5ですが105のコンポで(ブレーキのみ社外品)値段は248.000円(税抜)となります、是非最新のカーボンバイクの乗り心地を体験して下さい、5年くらい前のガチガチのカーボンバイクに乗っている方はビックリすると思います(笑)。



楕円リングのススメ2016年12月22日 17:08


店の試乗車につけてあるローターのQリングスいわゆる楕円リングです、かっこいいですねー、しかしクランク含めたフルセットだと7万円近くしてなかなか手がでないかと。
そこでもう1台の試乗車でインナーリング(小さいギア)だけ上の写真のギアに変えて様子をみたらなかなか良い、一番はインナーだけなので1万円で変えられます。
自分的には坂で効果があればいいのでこちらで問題ない感じです、特に10%をこえるキツメの坂で非常に楽になるイメージかと、メーカーの営業さんも値段が高いのでレース用とのイメージがあるが本当はビンディングペダルの様に効率を上げるアイテムとして一般の力が弱い方にもっと使ってほしいとのことでしたのでまさにその通りかと。
シマノ4アーム用や写真のような赤いタイプもあるのでおしゃれですね。
楕円リングはいくつものメーカーからでていますがローターのいいところは一番負荷がかかるポイントを1から5段階に変えるシステムがあることです、ただクランクに対してギヤの位置を変えるので変更に結構手間がかかります、まー自分は自転車屋なのでいろいろ試してみましたが想像以上にフィーリングが変わり一番おいしところにもっていくのはなかなか大変なことです。
そこで秘密兵器、ローターのパワークランクを使いパソコンの解析ソフトを使うと上の写真の様な波形がでます、ミドリのラインが一番トルクがでている角度なのでここにリングの設定を合わせればOKとわかりやすいです、まー細かいことはいろいろありますが非常に便利です。

現在ローターでは下記のお試しキャンペーンをやっておりますのでこの機会に是非お試し下さい,坂が苦手な人は是非 楽になります。
ローターの楕円リングを購入された方は上の解析ソフトでの検証を無料で何回でもしてもらえるのでいろいろ試して下さい、結構フォーム、サドルの位置でデータが変わります。

別件ですが、写真のBH クオーツの試乗車を入れ替えの為中古車として販売します、詳細はHPのフレームのページを見てください、コンフォート系のカーボンですがよく走ります。
今週はクリスマスということもあり各メーカーさんからいろいろなキャンペーンがあります、だいぶお得なものもありますのでご相談下さい。

ラーツー2016年12月15日 18:12

バイクに乗ってツーリングに行って出先でラーメンを作って食べるのを <ラーツー>
といって寒いこの時期に流行っているそうです。
同じ2輪同士で似たことをやってるんだということで久しぶりに自転車でのラーツーに行ってきました。
自転車はどこでもいけるシクロ系のGT グレードでコンロやナベ等を大きなサドルバッグに詰め込んで出発、とりあえず海岸沿いへと向かいます。
しばらく走っていると座れて調理もしやすい理想的な流木を発見(笑)、
今年の台風できたんでしょうね、これだけ大きいのはなかなかないです。

早速流木の上で作業開始、ちなみに水は近くにあった南アルプス系の湧水を汲んできましたよ、この辺も楽しみのポイントですね。

ラーメンはコンビニで買った100円のヤツです、具がなにもなく寂しいですがやっぱ寒い時に外で食べる暖かいものはうまいですね、水が良かったのか感動的なうまさでした(笑)。

自転車で走った後でこんな環境で食べるのがいいんでしょうね、今度は山の峠に行ってやってみようかとけっこうオススメです是非試して下さい、ちなみにバーナーとかナベは今話題のスノーピークが小さくまとまりいいですよ、店では扱ってないですが。

別件ですが荷物がたくさん入るこのGIANT製サドルバッグけっこういいんですが、今週でGIANTとの契約が終わるのでもう手に入りません、18日(日)までは注文できますので言って下さい、この値段(6400円)で特大サドルバッグはなかなかないので、輪行とか泊まりのツーリングにもGOODです。

カンパ値下げ、BOMA試乗会、他2016年12月02日 18:15



うれしい事にカンパが11月より約1割弱ほど値下げとなりました、しかもホイルを含むほぼ全品での展開ですので値段が高額なホイルはおおきな恩恵を受けますね(笑)。
そんなこともあってか最近カンパに変えてくれる方がけっこういます、カンパ好きの自分としてはうれしい限りです。
メーカーさんとの協賛があり12/11(日)までに決めてもらえれば消費税分をサービスできますのでこの機会に是非。
コンポ全部を変えるとけっこうな値段になってしまうので、まずはレバーだけから変える方法もあります、正攻法ではありませんがこれであの握り心地の良いレバーが手に入ればいいかと、徐々に変えるのもいいものです。
ちなみに現在9sのコンポがついていればカンパのベローチェのレバーで約22.000円位からできます、いいですよー。
但し100%の性能確保は無理とかいろいろ制約はありますのでご相談下さい10s、11sもできますよ、自転車がないと詳細がわからないので自転車でご来店下さい。

別件ですが、金属フレームのMULLERさんも年末ということで10%offを期間限定でやってます、こちらも12/11(日)までなので合わせて宜しくお願いします。


こちらはカーボンフレームのBOMAさんですが今週12/4(日)の15:00頃から試乗会をやってもらえることになりました。
レーサーからコンフォート系まで下記の5台あるそうです。
COFY Ⅱ:コンフォート系
ルミエール:エアロ系エンデュランス系
アルマα:ヒルクライム系
RS:レース系
エランTT:タイムトライアル系
なかなかこれだけのバイクに乗る機会はありませんので是非その違いを体感して下さい、ちなみにレースをしない自分のおススメは ・COFY Ⅱとアルマαです、何回か乗ってますがいいですねー。
2017モデルとしてBOMAさんとしては初めて完成車をCOFY Ⅱで発売しましたが23万円というコスパもあり人気でSサイズは完売、Mサイズが少量ありとのことです。

2016 サイクルモード2016年11月06日 11:53

今年も恒例のサイクルモードに行ってきました、いろいろな自転車や部品がたくさんありとても面白いイベントです。
今年は業者専用の時間帯が長くなり、試乗やメーカさんと話しがゆっくりできて良かったですねー、全体的な感想としては完成車メーカーの展示が少し増えたかと、電動スポーツバイクの展示が多かった、参加者の人数は平日にもかかわらずとても多いですが今年は女性の人数が少なかったですね。
 

まずはカンパ個人的な目玉はZONDAの3G組みでディスク仕様がでました、ディスクロードでのホイルの選択肢が少ない現在とても魅力的です。
下は今年追加となったPOTENZA、シマノのアルテグラと同グレードとして発売、11月よりカンパのほぼ全品が値下げとなったのでより手軽になりました、試乗車ありますので試して下さい。

信頼の日本ブランド BOMA オススメのコンフォートロード COFYⅡ こちらを試乗しました、何回か乗っていますがやはりいいですねー、振動吸収性が素晴らしくコース上の仮想ダートでもうまい抜き具合でした。
BOMAでは珍しいコンフォート系ですがうまく作ってありますね、快適な速度は20~30km/hで非常に乗りご心地が良く、上質なクロモリバイクに乗っている時のように、ニヤニヤ笑いながら走ってしまうという感じです、こんなバイクでツーリングに行けば最高かと。

フレームの作り方やカーボンの種類の説明等も展示されており、さすが前進がカーボンメーカというところでした。



LOOKのブースへこちらもとてもきになっている675ライト、トップチューブとステムが同一面となっているとても特徴があるデザインです、じっくりみて来ましたが写真と違っていいなーという感じです。
765の試乗車があったんで乗ってみました想像していたより走り系かと、立ちコギでトルクをかけて走るとクロモリみたいなバネ感がある走りで面白いです。




クロモリ系のバイクをチェック、若干種類が減った感はありますが面白そうなバイクが、下のナイナーのディスクロードがいいなーと、以前営業さんにアルミモデルを乗せてもらいましたがやっぱりこちらがいいですねー。

他にもいろいろありましたがとりとめがないのでこの辺で、カタログもたくさん取集しました是非ご覧下さい。



2017 LOOK 765完成車入荷2016年10月28日 21:12


2017 LOOK のコンフォートモデルの 765 完成車が入荷 展示しております。

LOOKというと非常にお高いイメージがありましたが、昨年からこの765が発売され、だいぶ敷居が下がった感じがしております、こちらはコンフォートとモデルでレースをする人にはあいませんが、ロングライドやツーリングユースには最適かと。
105のmixコンポ完成車の値段が 26.000円(税抜き)と、今年は更に写真のモンドリアンカラーになりましたのでこのカラーのファンにはチャンスかと、ちなみにフレーム単品価格は210.000円となります。

<追記>
昨年は人気の為発表早々に完売となってしまった765の完成車ですが、今年は設定台数を増やし少し余裕があるとのことです、しかし10/28現在の状況が第1ロットは完売、Mサイズが12月入荷、Sが1月入荷、Lが完売とやはり人気あります。



このカラーリングとイエローのアウターの色合いがいい感じですねー。

来週のサイクルモードにLOOKは出店、試乗もできますので都合がつく方は試乗して頂くとレース系でない上質な乗り心地が体感できると思います。

グラベルロードでツーリング2016年10月20日 17:47


展示会が終わり天気も良くなってきたので久しぶりに山にツーリング、自転車は体に優しいグラベールロード(太めのタイヤをはけてどこでも走れるバイク)のGT グレードです。
この手のバイクはタイヤが太めで乗り心地がよく、フラフラしないので普段使いからツーリングまでオールラウンドで初めてのロード又はセカンドバイクに最適です。

前回の鉄のグラベルロードで改造したフロント シングルをこちらでは更にバージョンアップしてみました、上の写真のとおりカセットスプロケットが凄いことになってます(笑)、フロントシングルでもギヤが軽すぎるくらいでした、Fのギヤが暫定で34Tなので今度は40か42Tにして試してみようかと。
やっぱフロントの変則ないと楽でいいですねー、ただいろいろ細かいところで無理がでている仕様なんでうまい落としどころを探してみようと思います、10速ならほぼ完ぺき仕様ができるんですがね。

つぎは海方面に移動
海岸沿いのジャリ道等ロードバイクでは走れないようなところも行けるので面白いです、2017モデルでは各社から魅力的なグラベルロードがいろいろでててうれしい限りです、おススメはFELTのVRシリーズかと、展示してありますのでご覧ください。

やはりこの手の新しいジャンルは体験してみないとわからない事が多いです、ということで土日の午前中とか2時間程の体験ツアーをしようかと思います、自転車のレンタル(1500円~)もできますので声をかけて下さい。

フロント シングル仕様2016年10月06日 16:54




最近のお気に入りということで、昔からF2枚いらないしょとヒルクラバイクはF1枚でした、グラベル系も同じだよなということで古い鉄でやってみました、わかったことはF変速しないと楽ちんこれはいいわーと、MTB用の特大CSもでだしいろいろ応用ききそうです。



LOOK BH 2017 展示会2016年09月28日 17:18

今回で2017展示会はほぼ終了ということでLOOKとBHでのシメ、両社共にツールドフランスにも参加するヨローッパのレーシングメーカ、カーボンのロードがメインです。

まずはLOOKから

LOOKは憧れのメーカーでとても敷居が高いイメージですが昨年765の完成車が現実的な値段で発表され人気で一瞬で完売となりました、今年も継続販売が決まり更に一番手に入りやすい105コンポの完成車のカラーが上の写真のモンドリアンカラーになりいい感じです。
値段は完成車 260.000円(税抜き) フレームキット 210.000円なので完成車が非常にお得になっております、ただ去年より生産台数を増やしたそうですが既にサイズによってはギリギリとのことですので気になる方は早めの予約が良いかと、同カラーのフレームを展示しておりますのでイメージの参考にしてください。



今回の注目はLOOK初のディスクロードがでました、フレームは765系ですのでロングのツーリングやイベントに持って来いのエンデュランスバイクです。
油圧のディスクと太めのタイヤでグラベルも行けそう、タイヤは25cですがクリアランスがだいぶあり28cなら余裕32cもいけるかも。
値段はアルテグラコンポで 440.000円(税抜き)と最新スペックのディスク採用なのでガンバッタ感があります。

LOOKといえば795AEROLIGHT、ステム回りの造形が特徴的でカーボンバイクでは珍しい美しいと思える形状です、まさに憧れという感じでいつかは所有してみたいものです。

次はBH スペインのメーカーです。

一番のおススメはこちらのREGALOツールドフランスにもでたチームカラーがかっこいいです。
実は去年のモデルのクオーツとバイクは全く同じですが名前だけ変更になっています、どうも他メーカーで同じ名前がありいろいろあったみたいで、マー性能がよければ名前はなんでもいいかと。
値段は105で238・000円(税抜き)となります、特徴は非常に軽く走り特にリヤの突き上げがなくロングにもOK、あとクランクとブレーキも含めてフル105なのでお得です、悪路で有名なパリルーベを走る予定のバイクとのことですから性能はお墨付き。
同じフレームの試乗車がありますので乗って見てください。

他にもシクロクロスや軽量ヒルクラバイク等いろいろなバイクがあるメーカーです、カタログありますのでご覧ください。




GIOS 2017 展示会2016年09月22日 07:53

展示会シーズン中盤、鉄(クロモリ)好きの自分としては楽しみなブランド GIOSの展示会に参加してまいりました。
大まかな変更点として 1.グラベルロード新設 2.newカラーの展開 3.円高の関係で値段が大幅にDOWN というところです。
まずは待望のグラベル(ディスク)ロードのMITOの新設。
得意のクロモリフレームでスリムなシルエットと乗り心地、コンポもNEW SORAを採用でさらにスッキリ感が増しています、値段は115.000円(税抜き)となります。
太めの35cタイヤとディスクブレーキで安定しており通勤からゆっくりツーリングまでOK、タイヤを細い25Cに変えれば早く走れロードの友達とも一緒に走れます。
こちらは色違い、もう1色グリーン系があります。

もうひとつのグラベルロード NATURE。
上のMITOの上級グレードでFフォークがカーボンとコンポがティアグラに変更、値段は142.000円(税抜き)となります。


つぎは新色の追加、上のイタリアンカラーは人気があったんですが上級グレードにしか設定がなく敷居がたかかったですが、今回AIRONEというグレードに設定されティアグラ装備で値段は138.000円(税抜き)となります。


定番のコンパクトプロ、FURBO等 キレイなクロモリバイクが多数ありますが、基本は2016のキャリーオーバーで円高で値段設定が下がった感じかと、去年の値上がりもけっこうきましたが今回もけっこうきてます。

非常に多くのバイクがありましたがおススメは最初のグラベルロードのMITOかと、どこでも走れて面白いです、ダート含めたいいツーリングコースがあります、一緒にご案内しますので是非こんなバイクで参加してください。

最後に10/16までにGIOSの2017 ロードバイクを購入して頂いた時に、初めてスポーツバイクに乗る必需品 ・空気入れ ・カギ ・ライトの3点セットをプレゼント致しますのでご検討下さい。